〒610-0341 京都府京田辺市薪茶屋前31

0774-64-7211

トップページ医院紹介・地図スタッフ紹介お問い合わせ個人情報保護方針

整形外科・リハビリテーション科・リウマチ科・スポーツ医学・デイケア

漢方治療

 

トップページ»  漢方治療

女の更年期、男の更年期の漢方治療

女性・男性の更年期症状

■更年期に起こりやすい症状■

女性に多い症状 男性に多い症状

・イライラする
・のぼせる
・ほてる
・汗がどっと出る
・冷え・のぼせがある
・手足がしびれる
・肩こり、関節痛

女性のつらさ-「解ってもらえない」

・気分が落ち込む
・集中力が無い
・無関心
・排尿障害がある(前立腺疾患がある)
・勃起障害がある
・被害妄想的になる

男性のつらさ-「俺はもうだめなのか」

女のつらさ-「解ってもらえない」

更年期は本人のつらさが周囲に伝わりにくい病気です。症状も個人差があり、変化しやすいこともあって理解されにくいのです。目に見えて解るような異常がないのに、つらい、しんどいとばかり訴えていると「気のせい」「甘えている」はては「これだから女は・・」とまでいわれることがあります。
女性の更年期に多い症状のなかで、ほてる、汗がどっとでる、という症状は西洋医学では「ホット・フラッシュ」といわれます。また「冷え・のぼせ」は上半身のほてりやのぼせ、下半身・手足の冷えが同時に存在するもので、西洋医学の考えでは理解しにくいものですが、実際には非常に多く見られる症状です。

男のつらさ-「俺はもうだめなのか」

女性更年期と同様の身体症状のほかに、気分の落ち込みや集中力低下、無関心といった精神面の症状が前面に出るのが男性更年期の特徴です。これは男性更年期の期間が女性よりも長く、エネルギーの衰えた状態で何年も社会生活を送ることによるストレスが影響していると考えられます。
これらの症状は、仕事面に影響しやすく、症状が起こると周囲の評価も落ち、若い頃のように仕事が出来なくなった自分を責めてしまいます。加えて、前立腺症状や勃起障害が起こると男性としての自信も揺らぎ、ますます気うつになってしまいます。
男にも更年期があることを本人も周囲の人もよく知って、正しい治療を受けるようにしたいものです。

性ホルモンの変化と更年期

西洋医学から見て、更年期の症状は、性ホルモンの減少が原因となって起こると考えられます。性ホルモンには、女性ホルモンとよばれるエストロゲンや、男性ホルモンと呼ばれるテストステロンなどがあります。性ホルモンは思春期の頃から女らしさ、男らしさを作りますが、40歳後半になると減少してきます。長い間性ホルモンの存在になれた体の機能が、性ホルモンの減少でバランスをくずし、さまざまな不都合な症状が重なって現れたのが更年期です。

漢方で更年期を治療する

加齢に伴って起きる更年期は、漢方では「腎虚」によるものと考えられます。女性の更年期は閉経後急激に起こる「腎虚」の影響で「気逆」を伴いやすいのが特徴です。冷え・のぼせ、ホットフラッシュ、突然発汗する、動悸、イライラ感など更年期によく見られる症状はこの「気逆」による症状です。また、女性の更年期では血の異常を伴う場合が多く見られます。これに対して、男性の更年期では「腎虚」は比較的ゆるやかに進み、それに伴って起こる「気虚」の症状が目立ちます。やる気がでなかったり、集中力がなくなったりするのは、そのためです。
漢方では更年期の色々な症状に使える薬がある。
「腎虚」・・・・・・八味地黄丸
「気逆」・・・・・・加味逍遥散
           女神散
           柴胡加竜骨牡蠣湯
           桂枝加竜骨牡蠣湯
「血の異常」・・桂枝茯苓丸
「気の異常」・・十全大補湯
          補中益気湯
どの処方が自分に合っているか、先生へ、相談してみて下さい。
更年期の症状は、治療によって改善できるものです。専門医と相談しながら、西洋薬・漢方薬を上手に使って快適に更年期をのりきりましょう。

このページの先頭に戻る