〒610-0341 京都府京田辺市薪茶屋前31

0774-64-7211

トップページ医院紹介・地図スタッフ紹介お問い合わせ個人情報保護方針

整形外科・リハビリテーション科・リウマチ科・スポーツ医学・デイケア

超音波画像診断装置(エコー)

 

トップページ»  超音波画像診断装置(エコー)

超音波画像診断装置(エコー)で診断

「レントゲンは異常ありません。」というフレーズ経験ありませんか?
整形外科疾患では骨以外に軟部組織損傷が多く存在します。
レントゲン装置は骨の異常を検索するのに対して、エコーは骨以外に周囲の筋肉、腱、靭帯などの異常を検出できます。
靭帯損傷の程度、腱の炎症や断裂、肉離れの程度や範囲の確定、レントゲンでは正確な病態の判断がむずかしい骨折等を評価することができ、まさに「整形外科の聴診器」と言えます。
ドップラーモードと呼ばれる検査方法では、組織の血流を評価することができ、筋肉、靭帯、腱、骨の損傷の修復状態をみることもできます。
さらにエコーは、痛みや放射線被ばくを全く伴わない検査ですので繰り返し検査でき、妊娠中の方でも検査可能です。
リアルタイムに画像を観察できますので、検査中患者さんと一緒に検査画面をみることができ、その場で検査結果がわかります。
また、繰り返しの検査で治癒過程の状況がわかりますので、スポーツ復帰の指標にもなります。

超音波画像診断装置(エコー)

 
オルトサンプル