〒610-0341 京都府京田辺市薪茶屋前31

0774-64-7211

トップページ医院紹介・地図スタッフ紹介お問い合わせ個人情報保護方針

整形外科・リハビリテーション科・リウマチ科・スポーツ医学・デイケア

変形性関節症

 

トップページ»  変形性関節症

変形性関節症とは

関節は骨と骨のつなぎ目の部分で、それぞれの骨が適当な間隔を保ちながら、いろいろな方向にうまく動くような仕組みになっています。ところが、この仕組みの一部が弱くなったり変形してしまうと、関節のスムーズな動きが失われてしまい、動かすごとに痛みが起こるなどの症状が起こります。変形性関節症はこのような関節の障害で、主にひざの関節や足の付け根の関節(股関節)などに体重のかかる関節に多く起こります。

根気よく治療しましょう

変形性関節症の痛みは長引くことが多いものですが、根気よく治療することによって改善することができます。治療がすぐ効果に結びつかないからといって、あきらめてしまってはいけません。主治医の指導に従って治療を続けることが大切です。

変形性関節症の症状

関節が痛い
膝に水がたまって腫れる
関節の動きが悪い

変形性関節症では、骨と骨の間隔が正常より狭くなったり、位置がずれたりして、痛みなどの症状がおこります。
図はひざ関節の変形が進行する様子を示しています。

正常
関節の間隔が狭くなる
間隔が閉鎖し、骨の一部が変形する
故障が進行し位置がずれる

日常生活の注意

1.関節に負担をかけない。

肥満を改善する
正座、しゃがむ姿勢などの長時間続けることを避ける
重たいものを持ち歩かない
無理な運動はしない

2.暮らしの工夫

階段など手すりをつける
杖を使用する
トイレを様式にする
  症状のある関節にサポーターをつける ハイヒールは止め、ローヒールにする
特にくつ底の固いものは避け、ゴム底のものをはく。 膝関節の変形の進行によっては、膝の内側に負担をかけないような靴をしようする。

運動についての注意点

激しいスポーツは避けなければいけませんが、適度な運動は必要です。運動は肥満の改善、循環機能の活性化と、ストレス解消にもつながります。

特に運動によって足の筋力を強化することは、関節へかかる力の一部を筋肉が肩代わりして支え、関節への負担を少なくすることになります。下のような簡単な運動を毎日少しずつ行って筋力強化をはかりましょう。

次の動作を左右それぞれ20回ずつ、1日3回行う。

足をのばし、ひざに力を入れながら爪先をのばし3つ数える。
足をのばし、ひざに力を入れながら爪先をのばし3つ数える。
足をのばし、ひざに力を入れながら爪先をのばし3つ数える。
ひざをしめるようにしながら、爪先をそらし、3つ数える。

できれば次のような運動もやってみましょう。

横になって、足を斜め後ろに持ち上げる。床から足を持ち上げる。少し高いところに腰掛、ゆっくりひざをのばし、完全にのばした位置で10秒間静止する。

変形性関節症の患者さんは、関節や膝関節への負担を避けなければなりませんが、この天で最適な運動は水泳です。
ただし、あくまでもマイペースで行い、翌日まで疲れの残らないように注意しましょう。

痛みがなくなっても定期診断を受ける

関節は身体を支えたり、様々な動きをすることで大きな荷重に耐えています。したがって、治療によって症状が改善したとしても、長い間には、またいろいろな不都合が起きてくる可能性があります。そうした場合に早く対処できるためにも、治療によって痛みがなくなった後でも、定期的に医師の診断を受けるようにしましょう。

このページの先頭に戻る