〒610-0341 京都府京田辺市薪茶屋前31

0774-64-7211

トップページ医院紹介・地図スタッフ紹介お問い合わせ個人情報保護方針

整形外科・リハビリテーション科・リウマチ科・スポーツ医学・デイケア

変形性頚椎症

 

トップページ»  変形性頚椎症

変形性頚椎症について

頚椎(首の骨)は7つあって、頭蓋骨を支えて胸椎とつながり、前後左右に混ぜ伸ばしができるようになっています。この頚椎の中には脊髄が入っており、脳からの指令を全身に伝えています。変形性頚椎症とは、頚椎の変形が原因となって、首・肩の痛みが生じたり、神経が圧迫され、肩、腕、手にかけてのしびれ、痛みが生じたり、脊髄が圧迫され上肢の機能障害や歩行障害が生じてくるものです。

変形性頚椎症

症状

肩こりや首・肩の痛み等の軽い症状が長期にわたって先行し、その後、神経根症状、脊髄症状へとゆっくり進行していきます。

変形性頚椎症

診断

・問診

現症

  • 筋力低下・巧緻運動障害・歩行障害
  • 知覚障害
  • 上下肢の反射異常
  • 排尿障害
 

テストと微候

神経根症状のテスト 脊髄症状の徴候
ジャクソン検査

ジャクソン検査
首を軽く伸ばしているとき、頭を下に押し、腕に痛みを感じたら陽性。

スパーリング検査

スパーリング検査
首を横に曲げた状態で頭を下に押して、腕に痛みを感じたら陽性。

巧緻運動障害

巧緻運動障害
箸がうまく使えない。

ジャクソン検査

ジャクソン検査
首を軽く伸ばしているとき、頭を下に押し、腕に痛みを感じたら陽性。

検査

単純X線検査 脊髄症状の進行したものは
単純X線検査

正常

単純X線検査

異常

MRI画像

ミエログラフィー

CT

EMG検査(筋電図)

保存的療法

1.頚椎カラー装着 2.温熱療法
頚椎カラー装着

※脊髄症の方も症状が軽くなることもありますが、完全寛解は通常得られません。

神経根症にともなう筋肉痛には極超短波等の温熱療法の効果が期待できます。

温熱療法

神経根症にともなう筋肉痛には極超短波等の温熱療法の効果が期待できます。

3.頚椎牽引 4.薬物療法
頚椎牽引

グリソン牽引

頚椎を前方に約15度曲げた姿勢で。

薬物療法

神経根症にともなう筋肉痛には極超短波等の温熱療法の効果が期待できます。

 

手術療法

1.前方除圧固定術 2.脊柱管拡大術
前方除圧固定術 前方除圧固定術
脊柱管拡大術
 
このページの先頭に戻る